英語を身につけるための留学先ですべき行動

  • オーストラリア留学の費用を安くする方法

    • 教育大国であるオーストラリアへの留学はただでさえ他国よりもコストが安く済みますが、そのコストをもっと安くカットする方法が幾つかあります。

      たとえばオーストラリアには多数の語学学校がありますが、国内の産業において第三位を占めるほどのシェアを持つオーストラリアの教育業界では学校同士の競争が激しく、語学学校もまた例外ではありませんから、時期によっては入学金や授業料の一部をカットして生徒を受け入れている場合があるのです。



      オーストラリアは距離的に日本と近いこともあり、格安航空券を使うか、あるいは早割の航空券を使うことで、移動コストもカットすることが可能ですから、旅費と学費という大きな留学費用二つを大きく節約することができます。

      YOMIURI ONLINEについて気になる方はこちらです。

      しかも、オーストラリアでは学生ビザでも就労が可能ですから、授業の後に働くことで、最終的な経費をかなり抑えることができます。

      学生ビザでは2周間で40時間までの労働が可能ですが、オーストラリアの最低時給は17ドル前後であり、単純計算で月138ドル前後が見込めるうえ、休日や祝日に働けば特別手当が支給され、時給がほとんど倍になる可能性もあります。

      今探すならこちらの留学に関しての関心度が高まっています。

      また、長期留学すればするほど語学学校は授業料を安くしてくれるものですが、オーストラリアにおいてその割引率はとても高く、働きながら長期滞在することで、安くするどころか、最終的な費用をむしろプラスとすることすら可能となります。


      更に日常の生活費にもついても、オーストラリアでは留学生向けのホームステイ以外にシェアハウス産業も盛んであり、こちらを利用することで居住費用や食費もカットすることが可能です。


      ただし、ホームステイ以上に住民間でルールを決めて生活する必要があり、時にはトラブルが起きる可能性もあることには留意せねばなりません。

top