英語を身につけるための留学先ですべき行動

  • 留学を達成感あるものにするためのポイント

    • 語学を習得するために留学にいく人は多いでしょう。同じ時間とお金をかけていくなら、誰よりも目的を達成して帰国できるようにしましょう。留学といえば語学学校に通い、勉強をする人がほとんどだと思いますが、本当の留学は、学校以外の場所で起こる様々な場面にあるのです。そこで、皆さんに求められるのは「行動力」になります。

      livedoorニュース情報を参考にしましょう。

      通学中のバスの中で行先を確認する時、買い物に行った時、レストランで注文する時など、どんどんと自分から現地の店員さんに話しかけたりアクションを起こしてください。
      その行動力こそが、留学前と後とで大きくかわるポイントになります。



      また、語学学校の友達と仲良くなることも大事ですが、あくまでも同じ語学を勉強している人だということを忘れないことも大きなポイントです。
      ホームステイをするのなら、部屋に閉じこもらずどんどんとホストファミリーと接する機会を作りましょう。

      日本の文化「おりがみ」「おてだま」「けんだま」などを持参することで、現地の人とコミュニケーションをとるきっかけにもなるので、是非持っていってみて下さい。


      そして語学以外で留学することで得られることは、現地の人と触れることで国民性を知ったり、風習や文化という知識が増えるということです。
      「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、日本にいて色々な情報を聞いたりするよりも、積極的に現地で行われるイベントやフェスティバルに出かけ自分の目で見て経験しましょう。日本ではできないことを現地で出来るということが海外へ勉強しにいくメリットになります。



      そこで経験をしたあらゆることは、皆さんにとって大きな糧になります。


top